225オブション売り戦略

毎月40万円を5年以上継続する為の収益効率が良いオブション戦略を探求
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欧米(SGXなども)は、「ファーストイン・ファーストアウト」
といって、両建ては禁止されている。

私も5年ほど前に、225先物を各100枚以上
持って(持たされた)いた経験から、
実戦において
両建て戦術は、
ヘッジとしての機能・・・と言っても問題先送り
にはなるが、手数料も倍額が必要。

商品先物取引法では両建の強要を
禁止
している(実際は値洗いが悪くなると奨励している)ことからも、
危険な手法であることは、疑いのないところです。 

最近、流行のシステムでの「寄付成行の両建」は
理論上・結果論・・・ローソク足では、
双方とも50円の利益確定は、
簡単そうに思える。

しかし、実戦においては
片方の建て玉を利益確定した後に、
即座に50円も反転(上下)するほど甘くはない
現実は10円ほど反転して、
さらに50円ほど(上げ又は下げ)ていく
パターンが多く、
この時になると、せめて10円だけでも利益を確保したく指値訂正するが
大半は、逆に10円以上のロスカットになる。

これが、私を含めた多数の実体験です。
例外としては、資金も期限も無限である場合です。

励みになりますので、ひと押し御願いします。
 banner_02[1].gif

日経225先物・OPランキング★★★




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://opjp.blog80.fc2.com/tb.php/98-cc99ad70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。