225オブション売り戦略

毎月40万円を5年以上継続する為の収益効率が良いオブション戦略を探求
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2回目は、
リスク指標と同様に

重要な要素のボラティリティの解説ですが、
ボラティリティには、

ヒストリカル・ボラティリティと
インプライド・ボラティリティの
2種類があります。
それではまず、ヒストリカル・ボラティリティ。
これは、過去の継続的な価格変化
を平均することによって算出される。

もう1つのボインプライド・ボラティリティは、
オプションの最新の価格を元に算出される。

オプションでは、このインプライド・ボラティリティの方が重要です。
その理由は、
インプライド・ボラティリティは、
実際に市場で取引されているオプションの実測値から
計算されるボラティリティだからです。

結果として、オプションのインプライド・ボラティリティ
を見ることによって、
そのオプションが相対的に
割高か、割安かという判断をすることができる。

最近は便利になったもので、
かなりの証券会社のサイトで、
実際にオプションを取引する際に、
インプライド・ボラティリティを参照することができます。

励みになりますので
 banner_02[1].gif

★★★日経225先物・OPランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://opjp.blog80.fc2.com/tb.php/86-2cea3e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。