225オブション売り戦略

毎月40万円を5年以上継続する為の収益効率が良いオブション戦略を探求
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第1回目ということで、初心者向けの解説と

リスク指標が中心になります。

 ■ オプションの買いは、
  資産を守るための「掛け捨て保険」
  として考えるもの。
  
  対して、オプションの売りは「保険会社」であると考えて下さい。


   当然、オプションの売り方の勝率はスゴイですが、
   実際の保険会社よりは、かなりリスクは大きい。

 ■プレミアムの変動率を示す指標には、
 オプションのプレミアム(価格)が決まる重要な要素の中に
 デルタ・ガンマ・ベガ・セータのリスク指標があり、
 
 5年ほど前までEXCELで計算していましたが、
 最近は、証券会社のツールなどで無料入手できます。
  一時期、このギリシャ文字(指標)に夢中になりましたが、

 日経225オプションの実戦トレードに役立つのは、
 デルタ(Delta)とセータ(Theta)です。
  また、これを理解せずにしてのオプション売りは無謀です。

<デルタ(Delta)>原資産の価格変動に対する
 オプション価格の変動率。通常、0~1までの数字で表される。
 たとえば、あるオプションのデルタが0.5の場合、
 原資産価格が100上昇した際に、オプションのプレミアムは50上昇する
 ことを意味する。
 アット・ザ・マネーのオプションは、通常0.5に近いデルタ値となる。
<セータ(Theta)>タイム・ディケイ(時間の経過)によって1日ごとに
 失われるオプション価格。時間の経過とともにオプション価格が 
 どう変動するかを示す指標。

励みになりますので、ひと押し御願いします。
   
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://opjp.blog80.fc2.com/tb.php/71-5ef96506
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。