225オブション売り戦略

毎月40万円を5年以上継続する為の収益効率が良いオブション戦略を探求
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミスプライスか早耳筋の仕込み?

夕場のオプションで、
120Pの方が125Pより高く引ける
という逆転現象が発生。
6/6の夕場で
6月120Pは、開始から1円の売り特で、
なかなか寄らずにいたが、

6/6の夕場で
6月120Pは、開始から1円の売り特で、
なかなか寄らずにいたが、

先物が500円割れの15490を
付けた18:35に1円で寄付いて(66枚約定)、
その後、1円で130枚ほど約定して、
18:58に2円で2枚約定してザラ場引けで終了。
一方、
6月125Pは16:51~18時までに、
2円で225枚を約定していたのに、

先物が安値の15480をつけている18:59に
原資産(日経225)の動きに逆行して
1円をつけ、引けも1円で23枚約定して大引で終了。

今までも夕場では、場中では異常値が発生したことがあるが
大引(間際)に板(気配)も詰まった状態で、
しかも6月130Pでさえ3円引なのに
120Pが2円を付けることが異常事態。

とにかく夕場のオプションでは、ティック回数が極端に減少するので、
オプション理論を熟知していないディラー(個人)が
妙な所で、成行(誤発注)をしたりすることも原因かも知れないが、

17:00頃までに寄り付かないオプションが
かなりあるように正常に機能していない夕場のオプション取引は
中止した方がいいと考える。

励みになりますので、ひと押し御願いします。
 banner_02[1].gif

日経225先物・OPランキング★★★


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://opjp.blog80.fc2.com/tb.php/128-c4abad18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。